貸事務所を借りる利点【信頼力を得てビジネスの幅を広げる】

住宅を会社契約する

女性

必要な書類を把握する

転勤が多くて引っ越しや契約が面倒なことがあると思います。会社が賃貸法人契約をしてくれるところでも個人で必要な書類は管理会社によって異なります。賃貸法人契約は、窓口になる会社が設定されている場合や、会社の場所で行なっている場合がほとんどです。ただ、賃貸法人契約だからといってスムーズに引っ越しまで進めるとは思わない方がいいと思います。各管理会社で審査を進めるときに会社の規模によっては住む本人を連帯保証人にしてほしいと管理会社から言われる場合があります。その際は収入を証明できる書類や住民票を提出する必要がある可能性が出てきます。賃貸法人契約だからといってそこまでは会社は準備してくれないので、自分で準備する時間やスケジュールは考えて動いた方が良さそうです。賃貸法人契約でその他気をつけた方がいいのは契約条件です。賃貸法人契約であれば金額はある程度会社が負担してくれるので、なるべくいい物件に住みたいと考えるのが一般的です。なるべくいい物件となると、分譲賃貸マンションが候補に出てきますが、その際、定期借家契約かどうかを見ておくといいと思います。定期借家契約の物件は、借りられる時間が決まっているので、会社側からNGが出るケースがあります。転勤で引っ越しをする場合、そこまで時間のゆとりがないので、そこで引っかかると時間的にロスになってしまうため注意が必要です。賃貸法人契約とはいえ、個人で住むところなので、気をつけて物件選びをするのがいいと思います。